インナーの着用

インナーの上にワイシャツを着るのもあり

夏の熱い季節などはビジネスマンはワイシャツ1枚で仕事をしていたりもします。
それは暑いから、上にジャケットを着ることもなく、ネクタイも締めることなく、クールビズと呼ばれる着こなし方を実践している例も多々あります。
ただ、何も着ないでいきなり着てしまうと、肌が透けてしまいやすいです。
つまり、汗をかいたときにシャツが肌にべっとりくっついてしまって、身体が濡れているような、そんな状態になってしまっている状態の人もいるのです。
暑いし、汗をかくのは必然だとしても、汗がでワイシャツがくっついてしまって、肌が透けてしまっているのは、何か嫌という人もいるのではないでしょうか?そういう場合には1枚薄いインナーを着ると、大分マシになります。
汗をかくのは避けられないので、汗を書いた場合に、ワイシャツに直接汗がつきづらいですし、汗がついても肌が透けづらいです。
シャツと同じ色のインナーを買えば、本当に自然でしょうから、汗による透け感が気になる方は試してみても良いかもしれません。

ワイシャツの着用時にインナーを用いる目的と注意点について

ワイシャツはスーツと組み合わせて着用する機会が多いため、シワや汗の染みなどの不具合が生じないように気を配ることが社会人としてのマナーです。
インナーを予め着込むことで発汗してもワイシャツに汗の染みが形成されるリスクを軽減させることができる他、保温性が向上するので冬季や冷房を過剰に使用する環境でも体調を維持することが出来ます。
その一方でインナーの色合いによってはワイシャツ越しに透けて見えたり、サイズが合わないと却ってシワが出来やすくなってしまう欠点があります。
そのため、インナー選びはより慎重に行うように心がけます。
特に発汗による染みの形成を防ぐことを目的に着用する場合は吸水性と速乾性を併せ持っている生地で作られた製品を用いることが条件なので、専門店などで相談したうえで目立たない配色の物を選びます。
また、保温性の向上は発汗の促進にも繋がるので、季節や職場環境に合わせて着用の可否を判断することが大切です。

Valuable information

最終更新日:2017/4/7