ワイシャツの機能性

フォーマルでもお洒落なワイシャツを着てみよう

ワイシャツを着るのは仕事中など、フォーマルな場になりますが、みんな同じような格好をしていることが多いため、少しはみんなと違う格好をしたいとか、お洒落をしたいと思う場合もあるのではないでしょうか?ワイシャツは、色などは違うものはあるものの、それも結構かぶったりします。
そうなると、細かいところで差をつけるというのがあります。
例えば柄です。
ストライプ柄のワイシャツとか、着ている人はたまにいますが、そんなに多くありませんから、結構チャンスです。
無地のものを着ている人が圧倒的に多いので、柄が入っているものはお洒落を発揮するポイントの1つになります。
ただ、仕事中なのであまり派手な柄のものは着られませんけど。
また、表面がストライプ柄なのではなく、襟の裏側とか、袖の裏側のみがストライプ柄という、ちょっと凝ったものもあります。
なかなか人には見られませんが、こういう目立たないところにお洒落を見出すのもまた粋じゃないでしょうか?フォーマルな格好の場合は、あまりそういうお洒落に気を使っている人はいないかもしれませんが、こさわってみると、仕事中でフォーマルな服装なのに、そんな雰囲気を感じさせない格好ができるかもしれません。

クールビズ時代のワイシャツは機能的でおしゃれなものが多い

10年ほど前まではワイシャツにネクタイはビジネス社会では定番のスタイルでした。
ご存じのとおり近年はノーネクタイが主流でそれが失礼にあたらない世の中になってきています。
クールビスを推進するためのノーネクタイですが、ワイシャツも段々とおしゃれなものが増えちょっとした機能も付いたものが売りだされるようになりました。
例を上げると裏地にメッシュの布が着いていて中に肌着を着る必要がないものがあります。
当然着るものが一枚減るわけですから涼しさは増すことになります。
またはポロシャツタイプのように前が全てボタンではなくボタンが2つしかないものもあります。
記事もポロシャツほど厚手ではないので快適に着こなすことが出来ます。
おしゃれさを追求したものも増えて来ていて、襟元が二重になっていたり、ストライプやチェック柄はもちろん色使いも今まででは見られなかった色使いのものが多く出回るようになりました。
選ぶ楽しみも増えますし、ちょっとしたおしゃれを楽しみたい人にとってはクールビズはとてもありがたいことではないかと感じます。
ワイシャツはもう仕事着の一つではなく、堂々とファッションを楽しめることが出来るものになってきています。

注目サイト

25年間の経験と論文発表によって裏打ちされた技術で患者さまの様々なお悩みにお応えします。

小顔の整形手術

豊富な経験と実績で査定いたします。

片岡球子 買取

相手とのコミュニケーションを重視した相互理解の元に成立する独自のコーチングアプローチです。

コーチング 研修

2017/10/3 更新